ノリノリで熱弁する友達と枯れた森

「料理人」のことの本を書くとしたら、どういったことを書く?「釣り名人」の一般的な解説とかかな。それとも、個人的な観点からの見解かな。

「料理人」のことの本を書くとしたら、どういったことを書く?「釣り名人」の一般的な解説とかかな。それとも、個人的な観点からの見解かな。

一生懸命体操する家族と枯れた森

とても甘い物が好みで、スイーツなどを自作します。
普通に泡だて器で一生懸命混ぜて、焼いて作成していたのだけれども、このごろ、ホームベーカリーで焼いてみた、非常に手軽でした。
こどもにも食べてもらう、ニンジンを混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養がとれるように心がけている。
砂糖やバターが控えめでもニンジンやかぼちゃ自体の甘さがあるので、笑顔で口にしてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子という表現もテレビであるから一般的だけども、学生の頃は、お菓子を作っているといったら不思議に思われることが多かったです。
ここ最近は、菓子作りをする男性が増えたよねと言われたりします。

どんよりした木曜の夜にひっそりと
このごろ、小説を読まなくなった。
20歳の頃は、かかさず読んでいたけれど、近頃、仕事が忙しいし、小説を読む時間をつくりにくい。
時間があっても、ゆっくりと好きな小説を読むという心になかなかなれないので、読んでいても楽しく感じにくい。
けれど、すごく楽しめる小説に久しぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がかなり好きなので、お二人が新人賞をとった群像文学新人賞が私の好みに近いものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
それでも、次の世代の輝いている若手がいないかと気にかかるからまた読んでみたい。
ただ、純文学だからと無理やり分かりにくい言葉を並べているけれど内容が伝わりにくいものも多いからさびしい。

怒って体操する子供と枯れた森

笑った顔って素敵だなーと思っているので、なるべく笑顔で話すように気を付けている。
もちろん、場所と場合を見て。
けれど、周囲にそんなものだと強制してはいけない。
要は、一括では言えないが、個人的な考えとして。
業務中はシリアスな顔で一生懸命に商談を行っていた人が、笑顔になった瞬間。
もう、大好き。
笑いじわある人が大好き!と話す学生時代の友人。
気持ちも理解できるかもしれない。

じめじめした週末の明け方に微笑んで
ここ最近、子が公園で遊びたがらない。
暑いからだろうか、家のおもちゃがすごく楽しいからか。
ちょっと前までは、たいそう外に行きたがっていたのに、今は、全く遊びに行きたがらない。
なんというか、男親から見て、まったくもって困ることもないので、気にしてはいないが、だけれども、しかし女親としてはほんの少しでも考えている。
けれど、暑くてきつい場所で遊ばせるのも心配だ。

どしゃ降りの週末の深夜は歩いてみる

先日梅雨が明け、今日蝉が鳴き出してたのを聞いて、少年は「今年も夏になったなぁ。」と思った。
あと10日ほどで夏休みという日曜の午前中、少年は縁側でアイスを舐めていた。
頭の上では風鈴がときおり涼しげに鳴っていた。
朝から日が強く、太陽が少年の座った足を照りつける。
少年は元気に半ズボン姿だった。
顔を伝って汗が流れ、アイスも溶けてきた。
少年は、近所の市民プールのプール開きが待ち遠しかった。

天気の良い水曜の日没に目を閉じて
私は昔から、素肌が全然強くなく、ちょっとしたことでかぶれてしまう。
その上、ボディーシャワーの体にこびりつく感じが嫌いだ。
でも、冬の時期はもちろん乾燥するので、無添加に近い化粧水を使っている。
その品のガッカリなところは、料金がとても高いところ。

曇っている木曜の深夜は散歩を

少年は、今日は小学校の給食当番だった。
マスクと帽子を着け、白衣を着て、他の給食当番たちと、給食を取りに向かった。
今日の主食は、ご飯ではなくパンだった。
バケツのように大きなフタつきの鍋に入ったシチューなんかも。
少年は、最も重い瓶入り牛乳は、男が持たなければならない、と思っていた。
クラス全員分38本はかなり重い。
なので自分が、バットに入った瓶入り牛乳を持ったけれど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持ってくれた。
牛乳は重いので女の子に持たせたくはなかったけれど、クラスでも一番かわいいと思うフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思った少年は、少しドギマギしながら、何も言わずに2人で牛乳を運んでいくことにした。

喜んで跳ねる彼女と暑い日差し
社員で頑張っていた時の大好きな先輩は、親が社長で、まさにセレブそのものだった。
小さくて明るくてとにかく元気な、動物愛護の先輩。
動物愛護サークルなど立ち上げて、そこそこ運動を行っている様子。
革を使用しない、お肉食べない、動物実験取りやめ賛成。
少し前に、ご実家に訪れたことがある。
高級住宅地にあるマンションの最上階で、レインボーブリッジが見えた。
先輩は、人懐っこくて清潔な白い猫と同棲していた。

勢いで口笛を吹くあの子と月夜

昔から興味はあっても行ったことはない、だが、日が暮れての動物園は、夜に活動的な動物が非常に勢いがあって見ていて楽しいらしい。
知ってはいても、昼間ではない動物園は見に行ったことがないけれど、娘がもう少しだけ夜もおきていれるようになったら見に行ってみようと考えている。
もう少しだけ夜もおきていれるようになったら、必ず、娘も喜んでくれるだろうから。
ふだんの動物園と隔たりのある情緒を俺も家内もきっと楽しめると思うので体験してみたい。

余裕でダンスする友人と冷たい肉まん
普段、Eくんがくれるメールの文章は、何を言いたいのかまったく理解できない。
お酒が入っててもノンアルコールでもよくいまいちだ。
だけど、E君が部署で考えたという、会社の商品と募金に関する文書を見た。
ちゃんとした文章を書いてる!と驚いてしまった。


ページの先頭へ